看護師になるという目標に向かった、わき目もふらずに走り続けてきたあなた。看護師となった今、どのような道に進むことを模索しているのでしょうか。
多くの新人看護師は、看護師になるという大きな目標を定めていたものの、看護師になったあとのことを考えている人はなかなかいません。それを考える時間が無いという人も少なくはないでしょう。
しかし、新人としてどのような職場を選ぶかということは、短期的に見てあなたの看護師キャリアの第一歩をより良い形で踏み出すということであり、長期的に見れば生涯続けることのできる仕事で、働き続ける中でどのようなキャリアを形成していくかが決定される重要なポイントでもあります。
もしこれというキャリアプランや、どうしてもそこで働きたい部署や診療科が無い人であれば、おすすめなのは救急救命部署です。ここは、看護師としての能力が問われると同時にそれを伸ばすことのできる部署だからです。
救急救命は救急車で運ばれてきた患者さんや緊急に処置しなければならない患者さんを受け入れる部署です。診療科は固定されておらず、外科的な症状であれ内科的な症状であれ脳外科的な症状であれ、救急に運ばれてくる患者さんの症例はどの科であるかはその都度違うものです。
患者さんが来られる状況というのは常に危険な状況であり、当然ながらその仕事は厳しいものがあります。的確な判断をその場で下し、必要な処置をてきぱきとこなさなければなりません。
このような過酷であるとも言える救急救命を新人看護師にすすめる理由。それは看護師としての経験値を高めることにこれほど適した職場は無いからです。
様々な患者さんが訪れ、そのほとんどが緊急性の高い症状で、処置についても診療科の選定においても素早く的確な判断が求められる部署。そして、場合によっては緊急手術を行う場合もあり、当然ながら医師の介助も必要になります。それも診療科の境はありません。
数多くの患者さんのケースに対応する中で、あなたは自分に適した診療科がどこであるかを見つけ出すことができるはずです。また、短期間で数多くの診療科の知識と技術をほぼ強制的に身につけなければならない部署なので、他の診療科よりも多くの経験を積むことができるのです。
厳しい看護師の仕事の中で、とりわけ難しい部署ではありますが、看護師としてのスタートを切るにはこれほど適した部署は他にはそうありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website